鎌倉プリント・コレクションへようこそ ・ フォトグラビュール 銅版画、ミラー・ピーター (Peter Miller)

  Home  >  鎌倉プリントホーム  >  About the Artist  

ミラー・ピーターピーター・ミラー氏は1991年、鎌倉に、フォートグラヴィエールという銅版画の技法を使った版画製作に専心するため、工房、“鎌倉版画コレクション”を構えた。彼の作品製作の基本は、19世紀にヨーロッパで発明された写真技法と現代の日本の印刷技法と、さらにそれに墨絵様式を取り入れて日本の海、山、寺院仏閣、庭園をいかに表現するかにあった。彼は始めの頃はアメリカの写真技法家ピーター・ヘンリー・エマーソンの影響を受けたが、その後写真技法の草分け的存在であるであるF.タルボットとニエプセのフォートグラヴエール技法を研究し、現代に再現させその技術を版画製作に取り入れていった。

同氏は1992年来これまで、日本は東京、横浜、鎌倉。大阪、アメリカは首都ワシントン、シアトル,ヨーロッパはドイツ ケルン、イギリス ロンドンなど10回もの個展を開催してきている。彼の作品はまた、ワシントンのスミソニアン館のひとつでアジアを代表する美術作品のみ集めたサックラー・ギャラリーに、例外的にアメリカ人アーテストとしては初めて、彼のアジアの風物を写した作品が永久収蔵された。そのほか県立鎌倉近代美術館、アメリカ国立美術館、フランス美術館など多く世界各地の美術館にも彼の作品は所蔵されている。

同氏は1945年ペンシルバニア州はフィラデルフィアに生まれ、同州ピッツバーグで幼年期を過ごした。彼の言によれば、彼の育った町はアパラチャ山脈の北に位置し冬は長くしかも雪が多い季節、金屑の堆積とその噴煙が立ち昇る鉄鋼の町であった。多くの橋、ドーム型の屋根の教会があり、路面電車が走り、そして丘陵と渓谷の多いところで、そこには勤勉で夢に溢れた人達が多く移り住んだ町であった,と言う。その後彼はコロンビア大学、カリフォルニア大学のバークレイ校を卒業し、1981年からの日本でのいくつかのビジネス経験を経たのち、生涯の地として当地鎌倉に居をかまえることとなった。



ビデオ:鎌倉テレビ放送「湘南流〜ピーター・ミラー銅版画家

Peter Miller / ピーター・ミラー氏は
1991年、鎌倉に、フォートグラヴュールといPittsburgh, Pennsylvaniaう銅版画の技法を使った版画製作に専心するため、工房、“鎌倉版画コレクション”を構えた。彼の作品製作の基本は、19世紀にヨーロッパで発明された写真技法と現代の日本の印刷技法と、さらにそれに墨絵様式を取り入れて日本の院仏閣、庭園をいかに表現するかにあった。彼は始めの頃はアメリカの写真技法家ピーター・ヘンリー・エマーソンの影響を受けたが、その後写真技法の草分け的存在であるであるタルボットとニエプセのフォートグラヴュール技法を研究し、現代に再現させその技術を版画製作に取り入れていった。1992年以来まで、日本は東京、横浜、鎌倉。大阪、アメリカは首都ワシントン、シアトル,ヨーロッパはドイツ ケルン、イギリス ロンドンなど10回もの個展を開催してきている。彼の作品はまた、ワシントンのスミソニアン館のひとつでアジアを代表する美術作品のみ集めたサックラー・ギャラリーに、例外的にアメリカ人アーテストとしては初めて、彼のアジアの風物を写した作品が永久収蔵された。そのほか県立鎌倉近代美術館、アメリカ国立美術館、フランス美術館など多く世界各地の美術館にも彼の作品は所蔵されている。1945年ペンシルバニア州・フィラデルフィアに生まれ、同州ピッツバーグで幼年期を過ごした。彼の言によれば、彼の育った町はアパラチャ山脈の北に位置し冬は長くしかも雪が多い季節、金屑の堆積とその噴煙が立ち昇る鉄鋼の町であった。多くの橋、ドーム型の屋根の教会があり、路面電車が走り、そして丘陵と渓谷の多いところで、そこには勤勉で夢に溢れた人達が多く移り住んだ町であった,と言う。その後彼はコロンビア大学、カリフォルニア大学のバークレイ校を卒業し、1981年からの日本でのいくつかのビジネス経験を経たのち、生涯の地として当地鎌倉に居をかまえることとなった。



シリーズ:;   ;   ;   ふるさと;   ;   モンゴル;   ;   夜と霧;   新しい

連絡: この文字は電子メールに入れて(タイプ)下さい 連絡 ・Contact (日本語 OK).